準備はできていますか?

物流の2024年問題対策

物流の2024年問題対策に
閉鎖寸前の物流センター再構築から
月50時間の時間外削減実績がある
たけせ社労士事務所がお手伝いします!

2024年4月から
トラックドライバーの時間外労働に960時間の上限が適用されます。
従来のやり方のままでは、現在の業務量に対応することが困難になり
物流の大混乱が予想されます。
これらは運送会社だけの努力では対応が難しく
荷主との運賃や条件の交渉と共に社内での業務改善が求められます。

法改正まで1年を切った今
早急な対応が必要です。
たけせ社会保険労務士事務所は、30年以上の物流管理経験から
荷主と交渉・物流作業・運送業務の見直しを含め
トータルでのサポートを行います。

準備はできていますか?

物流の2024年問題対策

物流の2024年問題対策に閉鎖寸前の物流センター再構築から、月50時間の時間外削減実績がある、たけせ社労士事務所がお手伝いします!

2024年4月から トラックドライバーの時間外労働に960時間の上限が適用されます。 従来のやり方のままでは、現在の業務量に対応することが困難になり物流の大混乱が予想されます。 これらは運送会社だけの努力では対応が難しく荷主との運賃や条件の交渉と共に社内での業務改善が求められます。
法改正まで1年を切った今 早急な対応が必要です。 たけせ社会保険労務士事務所は、30年以上の物流管理経験から、荷主と交渉・物流作業・運送業務の見直しを含め、トータルでのサポートを行います。

2024年4月からトラックドライバーの時間外労働

年間960時間の上限規制

が適用されます

2024年4月から
トラックドライバーの時間外労働

年間960時間の上限規制

が適用されます

直面する問題

業績の悪化

法改正により、労働時間が大幅に制約されることになれば、当然今まで行っていた業務量を捌くことが出来なくなります。
その結果、業績の悪化だけでなく、他社への委託先変更が懸念されます。
特に繁忙期や需要の増加に対応することが出来ず、仕事はあるのに断らざるを得ない状況になっていきます。

人材の確保と定着の困難

既に物流業界は他の業界以上に人手不足が深刻な問題となっており、今回の法改正で時間外労働が制約されると、実質、労働者の賃金も減ることになり、人材の確保・定着が一層困難になるでしょう。
他業種との人材確保の競争が激化する中で、優秀なドライバーや倉庫作業員を引き留めることが課題となってきます。

顧客サービスへの影響

物流業界では安定的なサービスが重要な競争要素です。
労働時間の制約により労働時間が制限されることで、顧客のニーズにこたえられなケースも出てくると思われます。
納期の遅延やご配送などの問題が増加することも考えられ、顧客満足度が低下し、競争力を失うリスクがあります。

物流業界の2024年問題とは

働き方改革により一般の業種では既に実施されている時間外労働の上限規制ですが
「自動車運転の業務」への適用猶予期間である5年が終了し
2024年4月から上限の適用が開始されることで発生する様々な問題の総称です。
すでに大手運送会社等では対策を進められているようですが
中小運送企業では対策が取れていないのが現状です。

■自社で行う対策
・法律の把握
・運送方法の見直し
・運賃の見直し
・リードタイムの見直し
・作業効率化に伴うシステムの導入

■荷主へ交渉
・運賃値上げ
・物流作業効率化への協力依頼
・納期の相談

社内で、これら一連の対策を取ることは大変です。
荷主としての経験と物流管理側の経験がある当事務所が
2024年問題の対策を進めるお手伝いをします。

「時間外規制なんてされても無理!」と法律を無視することはできません。
「今まで通りでどうにかなるだろう」と思われている場合はご注意ください。
2024年4月以降、国や労働局からの指摘を受けてからの改善は大変時間と費用がかかります。
今の時期に一つずつ対策を講じられることをお勧めします。

物流業界の2024年問題への対応が困難な理由

物流業界の2024年問題への
対応が困難な理由

長時間労働の慢性化や人手不足といった課題が深刻化している中で、
労働時間の制約は物流業界全体に影響を及ぼす重要なテーマとなっています。
この問題への対応についてどのような困難が生じるのか
以下に詳しく説明していきます。

業務上の理由

集荷先(出荷元)で無駄な荷待ち時間が発生する

荷主や出荷元での荷物の準備が遅れたり
生産工程の遅れ、荷積みの順番待ち等で荷待ち時間が発生します。
これにより、労働者の労働時間が予定よりも長くなります。

配達先で荷降ろしの待ち時間が発生する

配達先の都合又は順番待ちで荷降ろしの待ち時間が発生する場合があります。
また受取人が不在の場合に再配達で更に労働時間が長くなります。

納期までのリードタイムや時間指定等の条件が厳しい

物流業界では、集荷から納品までのリードタイムがギリギリであったり
時間指定があるなど、業務が荷主からの要求に左右されることが多く
今回の労働時間の上限規制への対応がかなり厳しいという声を聞きます。

積込みや荷下ろしが手作業で、作業時間が長く、運転手の負担も大きい

物流業界では
運転手による手作業による積込みや荷降ろしを求められることがあります。
手作業による作業は体力的にも負担が大きく、運転手の高齢化と相まって
作業時間が長時間となるだけでなく、運転手の大きな負担となっています。

効率的な運行計画を立てられていない

物流業界では多様な荷主からの依頼に対応するために
運行計画を立てる必要があります。
しかし、予測できない荷待ち等で効率的な運行計画を作成することが難しく
会社負担での高速利用、無理な長時間走行などが問題となっており
これら運行ルートや配送スケジュールの最適化が喫緊の課題となっています。

運賃の引き上げ

物流業界において、運送会社から運賃値上げを言い出すことは容易ではなく
競合他社との価格競争が激しいため、安易な運賃値上げは競合他社に顧客を奪われるリスクがあるため、慎重な判断が求められます。

労務上の理由

労働環境の改善

労働時間の削減には、まず運転手の働き方から改善が必要となります。
例えば、労働者の働きやすい職場環境の整備、労働条件の改善
労働時間の柔軟な管理などが含まれます。
それらを改善するためには人件費や有料道路利用等
さまざまなコストがかかりってきます。
何よりも、これらの改善策には荷主の協力が必須です。

人材の確保と定着の困難さ

既に物流業界は人手不足が深刻な課題となっており、労働時間の制約によって人材の確保と定着が一層困難になる可能性があります。優秀なドライバーや倉庫作業員の確保には、安定的な収入の他にも働きやすい職場環境の確保が求められます。

法令遵守への対応

労働時間の制約により、会社は労働者の時間外労働を管理する必要があります。適切な時間外労働の管理とコンプライアンスへの対応には、企業側のシステムや荷主との契約の見直しが必要となり、それには準備にかける時間と物流に関するノウハウが必要です。

長時間労働の慢性化や人手不足といった課題が深刻化している中で、労働時間の制約は物流業界全体に影響を及ぼす重要なテーマとなっています。
この問題への対応についてどのような困難が生じるのか、以下に詳しく説明していきます。

業務上の理由

集荷先(出荷元)で
無駄な荷待ち時間が発生する

荷主や出荷元での荷物の準備が遅れたり
生産工程の遅れ、荷積みの順番待ち等で荷待ち時間が発生します。
これにより、労働者の労働時間が予定よりも長くなります。

配達先で荷降ろしの
待ち時間が発生する

配達先の都合又は順番待ちで荷降ろしの待ち時間が発生する場合があります。
また受取人が不在の場合に再配達で更に労働時間が長くなります。

納期までのリードタイムや
時間指定等の条件が厳しい

物流業界では、集荷から納品までのリードタイムがギリギリであったり、時間指定があるなど、業務が荷主からの要求に左右されることが多く、今回の労働時間の上限規制への対応がかなり厳しいという声を聞きます。

積込みや荷下ろしが手作業で
作業時間が長く
運転手の負担も大きい

物流業界では運転手による手作業による積込みや荷降ろしを求められることがあります。
手作業による作業は体力的にも負担が大きく、運転手の高齢化と相まって作業時間が長時間となるだけでなく、運転手の大きな負担となっています。

効率的な運行計画を立てられていない

物流業界では多様な荷主からの依頼に対応するために運行計画を立てる必要があります。
しかし、予測できない荷待ち等で効率的な運行計画を作成することが難しく、会社負担での高速利用、無理な長時間走行などが問題となっており、これら運行ルートや配送スケジュールの最適化が喫緊の課題となっています。

運賃の引き上げ

物流業界において、運送会社から運賃値上げを言い出すことは容易ではなく、競合他社との価格競争が激しいため、安易な運賃値上げは競合他社に顧客を奪われるリスクがあるため、慎重な判断が求められます。

労務上の理由

労働環境の改善

労働時間の削減には、まず運転手の働き方から改善が必要となります。
例えば、労働者の働きやすい職場環境の整備、労働条件の改善、労働時間の柔軟な管理などが含まれます。
それらを改善するためには人件費や有料道路利用等、さまざまなコストがかかりってきます。
何よりも、これらの改善策には荷主の協力が必須です。

人材の確保と定着の困難さ

既に物流業界は人手不足が深刻な課題となっており、労働時間の制約によって人材の確保と定着が一層困難になる可能性があります。優秀なドライバーや倉庫作業員の確保には、安定的な収入の他にも働きやすい職場環境の確保が求められます。

法令遵守への対応

労働時間の制約により、会社は労働者の時間外労働を管理する必要があります。適切な時間外労働の管理とコンプライアンスへの対応には、企業側のシステムや荷主との契約の見直しが必要となり、それには準備にかける時間と物流に関するノウハウが必要です。

物流業界の2024年問題への対策には
効率的な運行計画の策定や配車の改善に加えて
荷主との交渉が最重要課題です。
労務環境を整備し労働者の健康と安全を守りながら
綿密な計画と対策が求められるでしょう。

物流業界の2024年問題への対策には効率的な運行計画の策定や配車の改善に加えて、荷主との交渉が最重要課題です。
労務環境を整備し労働者の健康と安全を守りながら綿密な計画と対策が求められるでしょう。

物流業界の2024年問題への対策

ルート最適化システムの導入

運行計画を効率的に立てるために、ルート最適化システムを導入します。

このシステムは配送先や荷物の量、交通状況などの情報を考慮して最適なルートを提案します。効率的なルート設計により、運送労働者が無駄な時間を避け、労働時間を最適化することができます。

配送時間の調整

顧客要求に柔軟に対応するために、配送時間の調整を行います。

特に時間指定の厳しいオーダーには、最適なルートを選択して納品時間を調整します。さらに、顧客との調整を行いながら、労働者の労働時間を守ることが重要です。

リアルタイム
トラッキングシステムの活用

配送車両にリアルタイムトラッキングシステムを導入し、労働者の位置と配送状況を常に把握します。

スケジュール変更やトラブルが発生した際に迅速に対応できます。遅延を最小限に抑えることで、労働時間の制約による影響を軽減します。

オートメーション技術の導入

物流作業の一部にオートメーション技術を活用することで、手荷役による作業時間を削減します。

例えば、自動積み込み機やロボットによる荷降ろしなどが効果的です。オートメーションによって労働者の負担を軽減し、労働時間の制約に対応します。

予測分析による需要予測

需要予測を行い、需要が高まる時期に備えて労働力を適切に配置します。

繁忙期や需要の増加時には、臨時の労働者を雇用するなど柔軟な対応が必要です。これによって、労働時間の制約下でもスムーズな運送を実現します。

労務環境の改善

労働者の健康と働きやすさを重視し、労務環境を整備します。

休憩スペースやトイレの整備、運転手の健康管理などが含まれます。働く環境が快適であれば、労働者の定着率が向上し、人材確保にも寄与します。

物流2024年問題対応事例

お知らせサンプル 08

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記

お知らせサンプル 07

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記

お知らせサンプル 06

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記

お知らせサンプル 05

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記

お知らせサンプル 04

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記

お知らせサンプル 04

お知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記事サンプルお知らせ記
Load More

当事務所の物流担当者は、閉鎖寸前の物流センターの再構築に成功し
常態的な50時間/月超の時間外労働をゼロにした実績があります。

その経験と専門知識を活かし物流業界の課題やニーズに理解を持ち労働関係や
業務プロセスの改善をサポートしています。

たけせ社会保険労務士事務所は、物流業界の特性を踏まえつつ
労働法令を順守する前向きな企業を応援します。
労働法や労働条件に関するアドバイスも提供しています。

クライアントの物流業務を円滑に運営するための労働問題の解決策を熟知し
効果的な対策をご提案いたします。

物流業界における労働時間の制約に対応するためには
プロフェッショナルな労務士のサポートが不可欠です。
たけせ社会保険労務士事務所の専門家が、クライアントの課題に真摯に向き合い
最適な解決策を提供いたします。
是非、たけせ社会保険労務士事務所にご相談ください。

当事務所の物流担当者は、閉鎖寸前の物流センターの再構築に成功し、常態的な50時間/月超の時間外労働をゼロにした実績があります。

その経験と専門知識を活かし物流業界の課題やニーズに理解を持ち労働関係や業務プロセスの改善をサポートしています。

たけせ社会保険労務士事務所は、物流業界の特性を踏まえつつ、労働法令を順守する前向きな企業を応援します。
労働法や労働条件に関するアドバイスも提供しています。

クライアントの物流業務を円滑に運営するための労働問題の解決策を熟知し、効果的な対策をご提案いたします。

物流業界における労働時間の制約に対応するためにはプロフェッショナルな労務士のサポートが不可欠です。
たけせ社会保険労務士事務所の専門家が、クライアントの課題に真摯に向き合い最適な解決策を提供いたします。
是非、たけせ社会保険労務士事務所にご相談ください。

お問い合わせ

必要事項をご入力の上、送信してください。

必要事項をご入力の上
送信してください。

    必須お名前

    必須会社名

    必須役職

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    任意メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    たけせ社労士事務所は、現場での体験に基づいて
    あなたの企業や業務に対して最適なサポートを提供することができます。
    私たちはあなたの企業の成長と安定をサポートするパートナーです。

    信頼できるパートナーとして、たけせ社労士事務所があなたの成功に貢献できることを確信しています。

    たけせ社労士事務所は、現場での体験に基づいて、あなたの企業や業務に対して最適なサポートを提供することができます。
    私たちはあなたの企業の成長と安定をサポートするパートナーです。

    信頼できるパートナーとして、たけせ社労士事務所があなたの成功に貢献できることを確信しています。

    上部へスクロール