2024年4月 トラック輸送の時間外規制が強化されます。

会社のありかたを見直したい経営者のための

トラック運送業界2024年問題対策セミナー

助成金受給のために労務管理を改善するには、
基本労働条件の遵守、安全衛生管理の強化、
従業員の教育・研修の充実、労働環境の改善が重要です。

あなたの会社は大丈夫ですか?

あなたの職場の労務環境チェック

労働契約と労働基準法の遵守

給与計算と社会保険の適切な管理

労働安全衛生の対策

雇用規則や就業規則の整備

働く意欲を高める福利厚生や制度の充実

助成金獲得の鍵は労務環境整備!

助成金獲得の鍵は
労務環境整備!

昨今の労務環境には、労働法や労働基準に基づいた基本労働条件の遵守が求められます。労働時間、賃金、休暇などの労働条件を適切に管理し、法的要件を満たしていることを確認しましょう。労働契約書や労働時間管理の徹底、労働基準監督署や労働局の指導に対する適切な対応などが必要です。

小さな会社が労務環境を整備できない理由

小さな会社が労務環境を
整備できない理由

小さな会社が労務環境を整えにくい理由はいくつかあります。
まず、人材やリソースの制約があり、労務管理だけに人員を配置したり、経営者が時間を割いたりすることが難しいことが挙げられます。

また、労働法は継続的に法律の改正が行われ、内容も複雑化しています。
そのため、専門知識の不足や優先事項の判断の難しさ
採用難による労働力確保も課題となります。

さらに
企業文化や意識の欠如が、労務環境の整備を困難にする要因となっています。
これらの要素が重なり、小さな会社が労務環境を整えることの優先順位が低くなってしまうのです。

小さな会社が労務環境を整えにくい理由はいくつかあります。まず、人材やリソースの制約があり、労務管理だけに人員を配置したり、経営者が時間を割いたりすることが難しいことが挙げられます。

また、労働法は継続的に法律の改正が行われ、内容も複雑化しています。そのため、専門知識の不足や優先事項の判断の難しさ、採用難による労働力確保も課題となります。

さらに、企業文化や意識の欠如が、労務環境の整備を困難にする要因となっています。
これらの要素が重なり、小さな会社が労務環境を整えることの優先順位が低くなってしまうのです。

労務環境を整備を怠ってしまうと…

労務環境を整備を怠ってしまうと…

ある小さな会社で、業務態度の怠慢や他の従業員との衝突など、問題行動を繰り返す従業員がいました。
経営者はこのままでは問題になると思い従業員の処分を考えましたが、
就業規則に明確な懲戒事由が定められておらず、このままでは懲戒処分を行うことができません。

経営者は処分が必要だと感じながらも、ずるずると何も手を打つことができず
やがて従業員の問題行動は他の従業員にも悪影響を与え、業務にも支障をきたし始めたのです。

この状況は当然、従業員間のモラルやモチベーションの低下を招き
組織全体の雰囲気にも悪影響を与えてしまい、結果的に業績も悪化してしまいました。


他にも…

従業員の満足度の低下

労働環境が悪化すると、当然ながら従業員の満足度は低下します。
常態的な長時間労働、適切な評価が行われず、休暇も満足にとれないとなると
従業員は働きやすさを感じず、ワークライフバランスどころではない悪影響を与える可能性があります。

労働環境が悪化すると、当然ながら従業員の満足度は低下します。
常態的な長時間労働、適切な評価が行われず、休暇も満足にとれないとなると、従業員は働きやすさを感じず、ワークライフバランスどころではない悪影響を与える可能性があります。

従業員の定着率の低下

労務環境の整備を怠ると、従業員の定着率が低下してしまいます。十分なサポートや働きやすい条件を提供できなければ
今の時代、従業員は働きやすさを求めて転職を考えます。

また、労働環境の悪化は従業員の満足度やモチベーションの低下を引き起こし、いずれは生産性の低下、業績への悪影響をもたらすことになってしまいます

労務環境の整備を怠ると、従業員の定着率が低下してしまいます。十分なサポートや働きやすい条件を提供できなければ、今の時代、従業員は働きやすさを求めて転職を考えます。

また、労働環境の悪化は従業員の満足度やモチベーションの低下を引き起こし、いずれは生産性の低下、業績への悪影響をもたらすことになってしまいます

生産性の低下

労務環境の整備を怠ると生産性が低下します。働く環境が悪いと当然のことながら、モチベーションが低下し、業務に対する意欲が減退します。
適切な労働条件や福利厚生の欠如はストレスや健康問題を引き起こし、組織の雰囲気や協調性の低下にもつながります。
労務環境の整備は生産性の向上に不可欠なものなのです。

法的リスクの増加

労働基準法や労働安全衛生法に違反する行為や不適切な労働条件は、従業員からの不満を招きます。
さらに不満が蓄積すると、労働基準監督署に申告、労働審判、訴訟となるリスクも高まる可能性あります。
また、そこまで発展してしまうと、企業の評判や信頼性にも影響を及ぼすことがあります。

労務環境を整えて

助成金・補助金を受給しやすい会社になりませんか?

労務環境を整えて助成金・補助金を
受給しやすい会社になりませんか?

助成金や補助金を活用することは、会社の成長と競争力強化に大きな影響を与える重要な要素です。
しかしながら、受給のためには労務管理の知識と適切な手続きが必要です。

私たちは、助成金・補助金を受給しやすい会社を目指す経営者の皆様をサポートするため
『会社のありかたを見直したい経営者のための
基礎から学ぶ労務経営セミナー』を開催いたします。

このセミナーでは、労務管理の基本的なポイントからスタートし
助成金・補助金の受給条件や申請についての注意などをわかりやすく解説します。
また、社会保険労務士・弁護士・中小企業診断士が、実際の事例を交えながら
労務経営の最適化と助成金・補助金の有効活用について
具体的なアドバイスを提供します。

ご参加いただくことで、労務経営における基礎知識を身につけ
助成金・補助金の受給に必要な条件や手続きについて深く理解することができます。

今回は初めての試みとしてセミナー後に懇親会を予定しております。
セミナーで聞き逃したことも、ゆっくり質問することができる、またとない機会です。

助成金や補助金を活用することは、会社の成長と競争力強化に大きな影響を与える重要な要素です。しかしながら、受給のためには労務管理の知識と適切な手続きが必要です。

私たちは、助成金・補助金を受給しやすい会社を目指す経営者の皆様をサポートするため
『会社のありかたを見直したい経営者のための基礎から学ぶ労務経営セミナー』を開催いたします。

このセミナーでは、労務管理の基本的なポイントからスタートし助成金・補助金の受給条件や申請についての注意などをわかりやすく解説します。また、社会保険労務士・弁護士・中小企業診断士が、実際の事例を交えながら労務経営の最適化と助成金・補助金の有効活用について具体的なアドバイスを提供します。

ご参加いただくことで、労務経営における基礎知識を身につけ助成金・補助金の受給に必要な条件や手続きについて深く理解することができます。

今回は初めての試みとしてセミナー後に懇親会を予定しております。
セミナーで聞き逃したことも、ゆっくり質問することができる、またとない機会です。

セミナー概要

日時

2023年7月27日(木) 15:00〜17:00

会場

北九州市立商工貿易会館 5F 501会議室

福岡県北九州市小倉北区古船場町1−35
北九州モノレール旦過駅 徒歩1分

福岡県北九州市小倉北区
古船場町1−35
北九州モノレール旦過駅 徒歩1分

対象者

経営者・総務管理者

参加費

無料(懇親会参加料:6000円)

懇親会会場:BLOOM
北九州市小倉北区馬借3-2-4-102 
TEL:093-511-1477

懇親会会場:BLOOM
北九州市小倉北区馬借3-2-4-102 
TEL:093-511-1477

定員

20名(最大30名まで)

参加お申し込み

必要事項をご入力の上、送信してください。

必要事項をご入力の上
送信してください。

    必須お名前

    必須会社名

    必須役職

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須ご興味のある内容

    任意その他を選択した場合

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    講師紹介

    武瀬由利恵

    社会保険労務士

    新卒で入社した会社で総務に配属され、総務・労務等を経験
    その後、製造部門へ異動し、15年に渡り工程管理を担当。
    製造部門では原料の手配から物流までの責任者として20年勤務。

    事業集約による工場閉鎖のためリストラとなり、37歳で中小企業へ転職。入社当初は一般事務員であったが、過去の経験から物流センターを任され、12年間所長として業務を行う。

    閉鎖寸前の物流センターの再構築を行い、常態的な50時間/月超の時間外労働を0時間とし、在庫管理や安全衛生に力を注ぎ、閉鎖寸前の物流センターを企業内の優良部署へと変えた。

    その後、定年の無い仕事をしてみたいとの思いで国家資格の社会保険労務士を取得し、現在の事務所を開業。

    工場・物流・運送等の現場に強い社労士
    現在は北九州市女性創業継続支援事業アドバイザリーボードに就任

    上部へスクロール